スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ちょっと嬉しかったこと

高島忠夫さんが「うつ病」になって
そのことについてのドキュメンタリードラマを見た。

その中で、忠夫氏が、ちょっと我に返ったというか、
感動したニュースがあった。というエピソードがあって。

それが、アイスホッケーチームの「日光バックス」の
余命一年といわれてからも、チームのために奔走した
ゼネラルマネージャーの方についてのニュースだったんだな。

その人の話は、私も聞いたことあって、すごい!と思ってたんだけど、
その映像の中に
「榛澤淳くん」がチラリと映ってたんだよ!

今は、もう選手じゃないと思うんだけど
昔、選手だったころは、ファン(?)だったのでたくさん応援していた。

そんな彼が、直接、忠夫氏を勇気付けたわけではないけど
その忠夫氏にとっての大切なきっかけとなる映像の中に
偶然いたっていうのが、なんだかとっても嬉しくて。

&超ひさびさに、顔を見れたのがなんだか嬉しかった。

元気にしているのかなー。

自分では、何も気にしていなくても、何らかの形で
人を勇気付けていることがあるのかもしれない。と思うと、
なんだか人生捨てたものではないですよね。

なんだか大げさですけど^_^;


ドラマを見ていて、
周りが元気になってほしい!と思う気持ちと
「うつ病」は励ましが厳禁。という
病気と周りの双方がうまく噛み合わない、
よかれと思うことが、決していいことではない。
頑張りが結果に結びつかない。
どうすればいいのか分からない。こんなの知らないよ。
っていう・・・なんていうんだろう

焦り。。かなぁ。気持ちが分かりました。
今はだいぶいいですが、母がうつ病になったので。

私はガーガー言ってしまうタイプなので、
とても負担になってしまうことが多いようです。

今となっては、完璧を求めず
うまく病気とつきあっていって
一進一退は当たり前。くらいの気持ちがいいような気がします。

つかず離れず、でもちゃんと近くにいる。

むずかしいですね。

本当に、心の病気って増えてきましたよね。

偏見が少なくなってきて、病院へ行くのにも抵抗が少なくなりつつ
あるのは、いいことだと思います。

病気になるのは、「弱いから」では無いと思います。

ほんとに「病気」なんだから。

私は、偏見の塊りだったから、病院へ連れて行くのが遅れて
かわいそうなことをしたと思います。
薬を飲んで、少し正気に戻してあげると、ほんと楽になって
良くなることもあると思う。

個人差があることだから、あまり断定的な意見は言えませんが。


高島忠夫さんも、無理せず、ゆっくり頑張ってほしいと思う。
歌を歌っている表情が、柔らかくなっていて、嬉しかったです。




スポンサーサイト

別窓 | テレビ・エイガ話 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<タイトルなし | naoccha日記 | コケた>>

この記事のコメント

ガーガー言っちゃうのは、心配してるからなんだよね・・・。

私も、自分がされるのは嫌いなのに、よくやっちゃいます(笑)。

ずん君ですか!懐かしい・・・(笑)。

ちなみに、「臨死!江古田ちゃん」という漫画に出てくる江古田ちゃんの姉が、サボテンにつけてる名前が・・・。

かなり、笑えます。っていうか、「奴ら!?」って思います。

機会があったら、見てみてください・・・っていうか、送る。

誰かとこの笑いを共有したい(笑)!!
2007-07-17 Tue 21:00 | URL | ひらたま #- [内容変更]
ウチの甥っ子が不登校になってさぁ・・・
『うつ』とはちょっと違うのかも知れないけど、びっくりだよ。
理由を聞いたら、ホントにちょっとしたことなの。キツイ言い方をすれば、そんなくだらないことで?ってカンジ。
でも、本人にはそれなりの理由と正義があるんだろうから、他人がとやかく言うことじゃないんだろうけどね。
心の病ってデリケートな問題だよね。
2007-07-22 Sun 20:25 | URL | ぶうくん #- [内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| naoccha日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。